ビタミンとミネラル

有機栄養素のうち炭水化物、タンパク質、脂肪は人間の三大栄養素と呼ばれていますが、この3つの栄養素だけをバランスよく摂っていたとしても健康を維持することはできません。

三大栄養素以外に、人間の生存に不可欠な物質がビタミンとミネラルです。

カルシウムやナトリウム、亜鉛、カリウム、リン、鉄などの元素がミネラルで、無機物であり人の体内で作りだすことができないので食事などから摂らなければなりません。

ミネラルは生体のなかで酵素やホルモンなどと密接に関係しながら生体機能の調整にかかわっていて、たとえば筋・神経の興奮性維持や細胞外液のpH、浸透圧の調整にかかわるナトリウムが欠乏すると吐き気やめまい、脱力感などの症状が起きます。

ビタミンは炭素を中心とした複雑な分子構造の有機化合物です。

ビタミンもほとんどが人の体内で合成することができず、やはり食事など摂取することになります。

ビタミンが不足するとビタミン欠乏症といって疾病や成長障害などが起きてきます。

ビタミンはA、B₁、B₂、C、D、E、Kなどがあり、それぞれに健康を保つための重要な働きがあります。

食事だけで十分な栄養素を摂るのはなかなか難しいので、サプリなども活用して健康を維持していきたいですね。