ペットボトル入りの牛乳が販売されない理由

ペットボトル入りの清涼飲料は、ジュースやお茶などさまざまなものがありますが、なぜかペットボトルの牛乳はありません。

ペットボトルは軽くて持ち運びしやすく、落としても変形しにくく便利なのに、牛乳のペットボトルだけがないのは何故なのでしょうか。

じつは、1951年に制定された乳製品の衛生基準を定めた乳等省令により、牛乳を販売するための容器は紙パックかガラス瓶のみと決められていて、ペットボトルの使用はできなかったのだそうです。

当時、牛乳は栄養価が高いので主に病院食として使用されていて、そのため清涼飲料などと違って衛生基準が厳しかったのです。

だからといってペットボトルが不衛生というわけでもなく省令ができた当時にペットボトルがまだ登場していなかっただけという話もあります。

2007年の法改正によりペットボトル牛乳の販売が認められましたが、いまだ牛乳はペットボトル化されていません。

その理由として、牛乳は雑菌が繁殖しやすいので、ペットボトルの商品化を実現するためには、一度口につけたら残さないで飲む、常温で持ち歩かない、など注意する必要があることがあげられます。

また、新しい設備投資や、ペットボトルが紙容器より高いというコストアップの問題もあるそうです。